株式会社ヒカリヲとSDGs

 厚生労働省によると、現在日本には18歳未満の在宅の身体障害者が6万8千人、知的障害者が21万4千人、精神障害者が36万3千人が存在すると発表されています。

 しかし、この中で医療的ケアが必要、または重症とされる子どもたちをケアできる施設はまだあまり多くはなく、そういった子ども達への対応は十分とは言い難い現状が日本にはあります。

 株式会社ヒカリヲが運営する「指定障害児通所支援施設ダブルレインボー」では、社会福祉士、介護福祉士といった福祉職だけでなく、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、保育士、教諭といった多くの医療・専門職スタッフが協力し、重症心身障がい児を含む様々な障がいと発達段階にある子ども達にそれぞれの専門性を生かしたケアを行い、子ども達の個性に応じ、音楽療法、芸術療法も取り入れた療育を提供しています。